カードの現金化を行う時は現金化業者を利用していく人が多いです。

カード会社の監視を回避しやすくなりますし、スムーズに現金化を行うことが出来ますからね。

ただ、現金化業者を利用すると、どうしても手数料が掛かったり、悪徳業者を利用しないように業者の選別などが必要になってきます。

そういったことを避けたいのでしたら、自分で現金化を行うという方法もあります。
そちらの方がいいと判断したのであれば、現金化を自分で行っていきましょう。


自分で現金化を行う時は、まず商品選びを慎重に行わないといけません。

現金化の方法はカードで買った商品を買取店に売るだけなので、方法自体は難しくはないのですが、この『商品選び』がかなり難しい状態になっています。

ただ買えばいい、ということも無くて、買取店に買い取ってもらわないといけません。

そして、ただ買い取ってもらえるだけではなくて、なるべく高価に買い取ってもらえる商品を買わないといけません。

でないと、購入額と買取額に差が出来てしまって、現金化が出来ても返済の時の自分への負担が大きくなってしまいます。


ですが、個人で換金率の高い商品の購入をすると、高確率でカード会社に見つかると言われています。
カード会社は現金化を疑った時点で、カードの一時的の利用停止にしたり、その疑いを晴らせないと一括での支払いを命じたりするそうです。

かなり慎重に商品選びをしていかないと、現金を作ることが出来ません。


基本的に換金率が高い商品は金券などがありますが、最近は金券もカード会社に監視されている商品になります。

また、今は電子マネーの現金化を利用している人もいるようですね。
カードでチャージが出来る電子マネーを利用して、Suicaなら切符や定期を購入して払い戻しをお願いする。という方法もありますし、nanacoでコピー機を利用してコピー開始直後にキャンセルをすることで、支払った分を現金で返金してくれるそうです。
ただ、nanacoに限らず、場合によっては、ブラックリストに載ってしまうかもしれないので注意が必要ですよ。


どちらにしても方法は買って売るだけですが個人での現金化は難しい所も多いです。
現金化業者の中から信頼出来る所を利用すれば、自分がすることは申込みと身分証の提示、程度です。
手間も時間もそれほど掛からないことが多いですから、現金化業者を積極的に利用していってみるのもいいのではないでしょうか。

確かに業者の中には悪徳業者も含まれていますが、キャンペーンでお得に現金化が出来る所もありますよ。
悪徳業者は基本的に条件が良過ぎたり、会社概要が適当だったりすることがもいのでそういう所を利用しないようにしつつ、業者に直接問い合わせをして信頼出来る所を見つけていきましょう。