クレジットカードの現金化は、自分で行っていくか、現金化業者に依頼するかのどちらかになります。

どちらの方がいいかと言ったら、現金化業者に依頼した方がいいのではないでしょうか。

換金率に注目すると、個人で行っていった方が高く出来る可能性はありますが、デメリットも勿論あります。

個人で現金化を行うことと、現金化業者に依頼することのメリットやデメリットを比較していきますので、自分に合った方を行っていきましょう。


■個人で現金化を行うことについて

自分でクレジットカードの現金化を行う場合、方法は
『カードで買い物をして、買った商品を売る』
というやり方になります。

方法自体はそれほど難しいことではないですから、やろうと思えば簡単に出来ると思います。

◎個人で行うメリット

・換金率100%を目指せる
購入する商品、買った商品を売る買取店を上手く選択出来れば、換金率を100%にすることも可能です。
ただ、購入する商品選びや買取店選びは難しいことが多いです。

特に換金率が高い商品は、カード会社に目をつけられていることが多いので、その監視を回避するのが難しいです。

・手数料を取られることが無い
現金化業者に依頼する場合、手数料を支払う必要があります。
個人で現金化を行えば、それを支払う必要がなくなりますので、換金出来た現金は自分で全て使用することが出来ます。

●個人で行うデメリット

・カード会社に見つかりやすい
現金化はカード会社に見つからないことが重要です。
ですが、メリットの換金率の所でも書きましたが、カード会社は商品の監視を行っているので、換金率の高い商品を個人で購入すると監視に引っ掛かる可能性が高くなります。

カード会社に見つかると、現金化を行うことが出来なくなりますし、他にもペナルティが発生しますので無理に自分で行っていかない方がいいかと思いますよ。

・商品、買取店選びが難しい
購入する商品の換金率やいくらで買い取ってくれるかの情報集めが大変です。
価格は変動することもありますので、常にその情報を精査していかないといけません。


■現金化業者に依頼することについて

現金化業者に依頼した場合、こちらで行うことは、
『申し込みを行い、身分証を提示し、指定の商品を購入する』
というやり方になります。

購入が確認出来たら、指定の口座に現金が振り込まれます。

◎現金化業者に依頼するメリット

・カード会社に見つからないように出来る
何よりこれが第一だと思います。
カード会社に見つかると、現金を作れませんし、未払いの一括支払いなどになったりもします。
現金化業者ならそのリスクを回避していってくれます。

・土日祝日夜中でも現金を作れます
ネット対応の現金化業者なら土日も24時間関係なく、現金化の対応をしてくれます。
こちらがネットバンクの口座を持っていれば、即日での現金確認をすることが出来ますよ。

●現金化業者に依頼するデメリット

・手数料などを支払わないといけない
現金化業者に現金化を依頼した場合、手数料の支払いが必要になります。
現金化業者によって、その手数料の価格も違いますので、換金率だけ見て決めるのは避けた方がいいでしょうね。

・悪質な業者かどうか見極めないといけない
現金化業者に限った話ではないですが、どこの業界にも悪徳業者と呼ばれる所はあります。
そういった所を利用しないで済むように、信頼出来る業者を見極めていかないといけません。


こうして見ると、現金化業者に依頼した方が面倒なように感じるかもしれませんが『カード会社に見つからない』というのはポイントが高いです。
カード会社は現金化を疑った時点で、カードの利用が一時的に停止になりますし、その疑いを晴らせないと利用停止は解除されませんし、他にもペナルティが発生します。

個人だとその監視を回避していきにくいのですが、現金化業者であればそれが不可能ではないので、現金化をスムーズに行うことも出来ます。

信頼出来る業者の見極め方は
『条件が良すぎる所は利用しない』
『お金に関して明確な答えを返してくれる』
『会社概要がしっかりしている』
といった所は信頼出来る所である可能性が高いですから、申し込みをしてみていいと思いますよ。

自分で行うか、現金化業者に依頼するかは個人の自由ですが、第一に現金化を成功させるためのリスク回避は考えていた方がいいのではないでしょうか。