クレジットカードの現金化を行うのでしたら現金化業者を利用していくのがオススメです。
現金化についての紹介サイトでも、今だとだいたいは現金化業者を利用していくことが書かれていますので、考えてみてはどうでしょうか。


カードの現金化の方法はカードで買い物をして、買った商品を買取店に売る、という流れになります。
ショッピング枠に余裕があれば、そこを現金に変えていくことが出来るので、買い物出来る分が限度額ということになりますね。

この際、何を購入してどこへ売るかによってカード会社に見つかるかどうかが変わってきます。
カード会社に見つかると現金を作ることが出来なくなります。
それ以前に、現金化を疑われた時点でカードを一時的に利用停止にされてしまうのだそうです。
疑いを晴らすことが出来なければ、その利用停止は継続されますし、他にもペナルティが与えられるそうですからリスク回避は必須と言えます。

特に今はカード会社が監視を強化しているそうですから、自分で進めていくのは避けた方がいいでしょうね。
自分で行っていくことも出来なくはないですが、まず換金率を高くするのは難しいと思います。
個人で換金率の高い商品を購入すると、高確率でカード会社に見つかるそうですよ。


そこで、頼りになるのが現金化業者です。
現金化業者を利用すると、手数料が掛かりますが、カード会社に見つからないように現金化を行ってくれるはずです。

また、リスク回避が出来るということで、メリットも増やしていくことが可能になります。
換金率に関しても個人で高くしていこうとすると高確率でカード会社に見つかってしまいますが、現金化業者ならそういったことも避けることが可能ですから、可能な限り高くしていけます。
ただ、いくら現金化業者でも換金率を100%にすることは難しいです。
最大で98%前後の換金率が最高だそうですから、現金化業者選びの参考にしてみてください。

もし、100%の換金率を売りにしている現金化業者があったら、裏がある可能性がありますのでよく確認してみましょう。
信頼出来る現金化業者であれば、逆にそれはラッキーな話ですから、利用してみるのもいいと思いますよ。


ただ、基本的に条件が良過ぎる現金化業者は悪徳業者と言われることが多いです。
換金率が高い所。手数料が極端に少ない所。現金化の早さが異常。などですね。

あとは、会社概要がきちんとされていない所も疑っていった方がいいですよ。
会社の住所や代表者の氏名がきちんと書かれていなかったり、現金化についての説明が曖昧な所も疑ってみた方がいいですよ。
また、現金化業者に問い合わせをした際に、手数料やいつまでに現金化を行われるかなどを曖昧にしている所も利用は控えていきましょう。

口コミサイトでも悪評が多く書かれている所は、そのまま利用者が不満に思っているというのが確実ですから、利用しないのが賢明だと思います。
現金化業者は沢山ありますし、不安がある業者はどんどん除外していきましょう。


業者選びは面倒に思うかもしれませんが、悪徳業者を利用しない方法は結構ハッキリと紹介されていたり、説明できることが多いですから、自衛のためにも以上の点を注意していきましょう。
そうすれば、メリットが沢山ある、お得なクレジットカードの現金化が可能になってきます。

消費者金融を利用する際の手続きなども必要ないですし、支払いもカード会社になりますから、面倒も少ないです。
金策としてカードの現金化を行っている人も少なくないそうですから実行していってはどうでしょうか。